日々感じたこと、見たもの、思ったことをつらつら書いた自分メモ。
(2007年5月引越し)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログランキング★  - - -
中学生日記。
中学3年の3学期、クラスの図書委員を決めるのに少し時間がかかった。
そのことがクラスを巻き込んだ大騒動になるなんて、微塵も思っていなかった。

なんというか、委員長・副委員長以外の学級委員の決め方自体がほんとにいい加減なんだけど、6だか、7だか委員があるので、まず立候補と推薦で6人だか7人だかが選出される。
そこからそれぞれ話し合いというか、最後にはなんの脈略もなくジャンケンで美化委員だとか風紀委員だとかが決まってく。

委員に選ばれたからといって、先生のご機嫌がとりたいわけでも、クラスで目立ちたいわけでもないのでなるべく楽なものがいいと思い、2学期までは図書委員をやっていた。
実は昼休みをかなりの勢いで奪われるんだけど、私にとっては昼休み中本を読んでられるのでそんなに苦痛ではなかった。

そんなこんなで特に人気のない図書委員だったはずなんだけど。。

3学期はちょっと違って、自分のクラスに2学期まで図書委員長なるものを勤めていた人がいて、図書委員の取り合い!?になってしまった。
××委員長はクラス関係なしに3年生の中から学校全体の投票?できまるんだけど、受験があるとかの理由からで任務は2学期でおしまい。

2学期まで図書委員長だった彼女は「○○さん(私)より私のほうが図書委員にふさわしい」と言わんばかりの勢い。
私はそこまでして図書委員に熱い思いはなかったんだけど、譲れない理由がいくつかあったのだ。
ひとつは他のクラスの友達と図書委員なら楽だし、人気ないし一緒にやれるから今学期も図書委員でいこうと約束していたこと。
もうひとつは他の委員はすべて決まっていて図書委員以外に残っていたのが体育委員だったこと。
体育委員は毎回体育の授業でみんなの前に立って率先して体操をやるって言う役目。
「体育委員は絶対やりたくない!」
うっかりそう叫んでしまったのも後々問題になってくるんだけど。

彼女のほうにも譲れない理由があるのは知っていた。
もちろんすごく図書委員に対してちゃんとしたやる気があったのは事実だけど、もうひとつの理由は私に図書委員をやってほしくないってこと。

彼女が図書委員長をやっている間、私は図書委員としてやってきたんだけど、
月1だったか週1だったかに行われた図書委員会が2学期は友達との雑談の場になっていた。
さらに、2人の友達はその図書委員長の彼女が嫌いで妨害に楽しみを見出していったのだ。
1学期はそれなりに彼女に協力的だった私も友達に影響されて、雑談という名の妨害。
嫌いだから妨害していた友達2人より、流されてやっている自分が嫌だった。
そんなに嫌いではなかった、むしろ少しいいなと思っていた彼女に。

そんな私に図書委員をやってほしくないと思う彼女は多少我は強いがいたってまっとうな人間だと思う。
それと同時に2学期の私はサイテーなやつだったなぁ、と。

どうしても体育委員がやりたくない私と、どうしても図書委員がやりたい彼女の話合いはまとまるはずもなく、私はしかたないからジャンケンで決めることを提案した。
もうどうにでもなれって気持ちだったけど。
彼女は少し不満そうだったけれど、了承してくれた。

そして、かなりのわだかまりを残したまま、私は図書委員に彼女は体育委員に決まった。
けど、こういうことって多かれ少なかれあるし、ある程度しかたないだろと勝手に自分で一件落着させた。

ほっとしたのもつかの間、放課後、担任(女熱血体育教師)に呼び出される。
この事件がなければ私の中で中学時代に2番目に好きな先生だったと思う。
呼び出された場所には先生と、図書委員の座を争った彼女がいた。
うん、この空気は2対1(私)だ。

「○○さん、あなた強引に図書委員になったそうね。」

(え?!先生!ジャンケンだよ、相手も了承済みのなんのタネもしかけもないジャンケン!)
と心の中で思ったけどとりあえず黙って話を聞いていた。

「声の大きいものが強引に事を進めるっていうのはよくないと思わない?」

・・・・。
(それはむしろ今まで先生がやってきたことなんですが・・・)
それに、声の大きい云々ってなんなんだろう?

もうこの時点で何も言う気がうせていたんだけど、ひとまずお互い納得の上でジャンケンで決めた旨を冷静に話した。

正直、お互い納得できまったことなのに、先生まで引っ張ってくる彼女に多少腹が立っていたが、もっと気になることがあった。

それは先生が私の言い分も聞かずにはじめから彼女の味方だったこと。
他の先生よりはずっと偏見もなくてまぁまぁ、平等に接してくれる先生なのに
すごい違和感。
何このアウェイな感じ。

けど、いろいろ考えてるうちに思い当たる節が・・・

声が大きいものが・・・?!

あぁ、そういうことか。

「体育委員は絶対やりたくない!」

聞かれてたのね。。
はじめから彼女の味方である理由がそれだと察した。

が、今はそれ関係ないです。
私と彼女の問題に私情を絡めないでください。

そんなこと思いながら、理不尽な思いに耐えていた。

私が先生の前で「体育委員をやりたくない」と大声でいったこと。
私が2学期に図書委員としてふざけた態度で委員会にでていたこと。

これは、先生と彼女の中にある私への不満。
それは十分わかっていたし、たしかに私は自分の都合で人を傷つけた。

けれど、あの時ジャンケンで決めようってお互い決めたことの結果に対してはお互いが責任を持つべきではないかと思った。
その件に関しては自分は間違ったことはしていないと思っていた。

自分の思ってることは何も言わずにだまって聞いていた、これで私が体育委員になっても、そんなことはもうどうでもいいとすら思っていた。
早くこの場が終わってほしかった。

そこに、仲の良かった友達とクラスの女子が結構な人数で乗り込んできた。
2対1が2対十数人になった。

「○○さんはちゃんと相談してジャンケンで決めていたの私たち見てました。」
「それなのに、先生にいいつけるなんて□□さんのほうが卑怯です!」

どこからどう話が漏れたんだか、これまでの3人の話の経緯が把握できていることに驚き。
そして、私が思っていたことをそっくりそのまま言われてすごく救われた。
と同時に、ここで私が完全に良い子扱いされることには抵抗があった。
すごく複雑な気分。

先生は結局自分勝手だし、2人の問題の解決なんて考えちゃいない。
彼女は直接私に文句を言わずに先生に助けを求めるなんて、
優等生なフリして反則技を使い、しかも見事な悲劇のヒロインっぷり。

すごく悔しかったけれど、自分にまったく非はないとは言い切れない。
だから、葛藤。

自分は悪くないと思いながらも、彼女に対して感じる罪悪感。
自分の感情でものを言う先生に対する不信感。
クラスの子達が自分の無罪を立証してくれたという優越感。
そんな自分に対する嫌悪感。

いろんな感情がぐちゃぐちゃになって涙がこぼれた。
こんなとこで泣きたくないのに止まらなかった。

クラスの子はひどい目にあったねと慰めてくれた。
先生は私が泣く理由がわからないという顔をして驚いていた。
彼女は私をさらに嫌な女だと思っただろう。

結局、私は図書委員をやって中学を卒業し、彼女ともそれきりになった。

1学期の図書委員会で自ら進んで書記をやり、彼女に協力していたときが一番楽しかったなと今でも思う。
そしてこの事件は今でもふとしたときに思い出す。
とても鮮明に覚えている。




                               いもあん
ブログランキング★ 00:18  comments(1) trackbacks(3)
えーわがままです。自分勝手です!あたしは!!
って。

別に開き直ってはないですw



でも、わがままなのも結構、労力と責任とリスクが付きまとうんだからw

仕事でもあたしはいいと思ったら、なんとか上司を納得させて
自分の好きなようにやってきた。
社会ではやっちゃいけない系なのかもだけど・・・
けど、間違ってることは変えたい。
そらうまいこと上司おだててこっそり好きなようにやってれば
楽チンだけど、それじゃ何も変わらない。

別にあたしは会社を変えようなんて大それたことは考えていないけど
理想が高すぎるのかな。。。

それも良くわかってる。

そんな労力使わんでも、自分さえよければいいのはよーくわかってる!!

妻もあれば子供もある!そんな状況で好き勝手できないのも

よくわかるって!!!

それなりにうまいことやればいんだけど、

自分の謎のポリシー?が邪魔でうまくできないし。

はぁ。もう馬鹿みたい。

もう理想を追い求めるのに疲れて全部放り出して、今休んでるあたしが

何を言うんだって感じだけどさ。。。



負け犬の遠吠え



まさにそれだ!!!!!!!
ブログランキング★ 23:47  comments(0) -
調整。
たまにはちゃんと自分を思ってくれる人の胸で泣いてみたい。

弱音吐くためじゃなくって、前に進むために。

ぜんぜん平気な顔するのももう疲れた。


関係ない人とお気楽な関係を持って自分の何かを調整するのにも疲れた。


純粋に心の渇きを潤して欲しい。

そしたらたくさん泣けるんだろう。
ブログランキング★ 23:09  comments(0) -
カメラ付き携帯


このフォト日記をはじめた理由がこの携帯なわけ。

携帯といえど写りがいいね。
今までカメラツキ携帯でもほとんど写真とらんかったけど
ここまで綺麗だと、つい撮ってしまう。
ブログランキング★ 01:56  comments(0) -
一生懸命になること
一生懸命に何かをすることほど充実していて楽しいことはない。

なんでもないことが特別な思い出になるにはきっと一生懸命さが必要だと思う。

思い出のたくさんある人はきっと一生懸命に生きてる人。

でも、がんばりたくても何もやる気がしないときもある。

一生懸命やろうとすればするほど空まわりで。

そういうときは自分が好きですごく簡単なこととか、なんでもないようなことを

一生懸命やってみるといいと思う。

例えば、靴をピッカピカに磨くとか、ネイルをきれいに塗るとか、

手紙をかいてみるとか、早起きしてみるとか。

小さなことですぐできてしまうことで達成感と充実感を感じる。

その積み重ねが一生懸命につながると思う気がする。

仕事とか勉強とかで壁にぶつかったとき、

ちょっとだけ休憩して小さな充実感に浸ると、また前に進める。

そんな気がします。
ブログランキング★ 23:37  comments(0) -
チャット


最近またはまりだしたヤフーチャット!

大学1回生のころにパソコン買ってはまった以来!

ひさびさに楽しいチャット仲間ができて嬉しい感じ!

また現実逃避モードだわ。

ま。そーゆーのもありですな。
ブログランキング★ 02:04  comments(0) -
ニコチン


たばこにこんな文字が!

危険性についてこんなに大きく記載されてるなんて!

それでも吸うのはあなたの勝手!

知りませんよ〜

て感じがする(>_<)



やめたいけどね。。。

ブログランキング★ 02:01  comments(0) -
尼崎脱線事故。
今日JRに乗ったら一番前の車両がGWというのにがらすきだった…。

あの事故の影響力はすごい。
しかも、いつもよりゆっくり走ってて
信号待ちもやけに多かった。
GWで混んでるってのもあるんだろうけど
快速乗って三宮から大阪まで35分もかかったよ?
普段なら、普通でも30分くらいなのに。

しかも、普段ならオーバーランなんてそんな大きく取り上げられないと思うけど
あのあとのオーバーランはすごく大きく取り上げられてる。

ましてや、置石が5件も発生してるだなんて
悪質すぎ。
なにを期待してるんだろうか。

世の中平和に暮らすのも難しくなってしまったの?

列車事故の死亡者数でかなり上位にランキングされてるらしいけど
ほんとに酷い惨事だったんだな。。

遺族の人も悔やんでも悔やみきれない

今日JRに乗ってる30分は異様に緊張だった。。
ブログランキング★ 23:10  comments(0) -
好きなことをするために必要なこと。
今日は新人がやめた。
去年の4月にはいって、9月に配属されて今日やめていった。
自分の仕事を任されて4ヶ月。
何もかもを判断するのには早すぎる。

社会ってとても厳しいところだと学生の時に言われるけど
なんだかんだいってみんな慣れてくもの。
あたしはまだ・・・というかいつまでたっても慣れないと思うけど
いつかみんな普通の人は慣れてくんだと思う。

何で慣れてくかって、そら合わせるからに決まってる。
社会という場所に順応してくから。
だから順応する気がないものはしかたがない。

けれど、あたしだって順応してないけど
とりあえず、役にたてるように一生懸命やってるつもり。
それを、そんな簡単に戦線離脱されては困る。

今日やめていった新人君は環境や人のせいにしちゃうとこがあるなと思った。
2年目のあたしでもそう感じたから
何年もやってきた先輩たちはあたしよりそれを強く感じていたと思う。

何でも叶いすぎて耐えることを知らずに育ってしまう若者が増えたら
もうなんの発展性もない社会が作られてしまう。

年はその子の方が1つ上で、あたしが偉そうにいえるような立場じゃないんだけど・・・
育ってきた環境が違うのかなぁ。

大学時代テキトーにやってきたあたしでも
放り出せないラインってのはある。

はっきりいってあたしには社会性もないんだけど、
仕事やめるわけにはいかないし、今やるべきことを必死に耐えながらやってるんだよ。

かなりストレスたまるし、苦痛なことだって多い。
けど、やんなくちゃいけないことって
あると思う。

なんでも好きなように自分の思うようにできるわけじゃないし、
好きなようにできるのはそれなりの責任きちんともてるようになってからだと思う。

きっと次の仕事も理想とは違うとか、自分には向いてないって
やめてしまう気がするけど、最後は快く送り出した。

結局逃げていては何も見つからないと思う。
これは自分にも言い聞かせてる。

それに早く気づいて、そしていい仕事みつけてくれればいいなと思う。

向いている、いないは自分の気持ちしだいで変わるものだと思うし。

どんな仕事でもつらいんだから、それ乗り越えられるまではやんなきゃ何もわかんないよ。

あたしだってまだわかんないのに。
あたしだってまだ見つけていないのに。

はじめはただただ余計なこと考えずに一生懸命やる。
その中に何か見出せるんだとあたしは思っているから
もう少しだけがんばろうと思います。

++++++++++++++

新人君にあたしの過去の日記を見せてあげたい。
とても今日の日記をかいたあたしと同一人物ではないww
この日記をよんだら彼は共感するだろう。
けれど、半年後のあたしは今日の日記のあたしなんだよ。

そういうことをもっと話してあたしがいっぱい伝えてあげなくちゃ
いけなかったんだけど、あたしにはうまくできなかったみたい。

次はうまくできるかな。。

++++++++++++++++++
ブログランキング★ 23:08  comments(0) -
かわいがられる人・かわいがられない人
人にはいろいろ好みというものがあると思いますが・・

・かっこよくて仕事もできてスポーツもできちゃう人
・波長が合って楽しいんだけど約束守らないわ、いい加減だわ、社会的にはえ?っていう人

こんな2人がいた場合ですね、
普通は前者を選ぶと思うのです。

でも、なぜか、あたしは後者を選んでしまう。
もちろん前者はいいなぁ、すごいなぁって思うんだけど
それだけなんです。
完璧すぎてあたしにはつりあわないし・・・とかいう
ネガティブ思考からの選択ではなくて
後者のほうがいい!というポジティブ思考な感じで後者がいいのです。

けど、これってあたしだけじゃないと思う。
けっこうそういう人いるんではないかと思うのよ・・。

「もうあたしの彼氏かっこよくないしぃーー
なんでこんなんとつきあってるんだー」
とか言ってる人は、いやって言うほどラブラブで、
本気でそんなこと思っちゃいないだろ!
って突っ込みたくなるほどいい感じだったりするんです。

で、何が言いたいのかというと
やっぱり、人間ってスキが必要!!

なんか普段バリバリ仕事できて完璧な人が
ほろっとみせるかわいさとか、だめだめさとか、
弱気な言葉とか、そーゆうのに
ころっとくるのです。
かわいいっ!!!みたいな。

そして共感。

あたしとは別の世界の人だーなんて思ってる人が
なんだ、同じやんって。具合に。

で、冒頭に上げた2人はあたしの周りに実在する人なんですけど、
後者は人と仲良くなるのがうまいというか
気に入られやすいのです。
社会的に、時間遅れるとかは信頼なくすことにつながるわけなんだけど、
なんかかわいいって思ってしまうんでしょう。
あいつは仕方ないやつやからなぁ。。。って。

・仕事バリバリできるが、かわいがられない人。
・仕事はそんなできないんだけど、かわいがられてる人。

あたしだったらやっぱり後者がいいなぁ。
ブログランキング★ 23:28  comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
GOODS
BOOKS
ADMIN
管理ページ
LINKS
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
SPONSORED LINK